ニュースリリース

MOVIMAS、クラウド IoT PlatformシステムでAI画像判定システムのサービス開始

作業日誌から画像の自動判定を行うIoT農業向けオンサイトアラート機能を提供

~農水省東北農政局長へIoT次世代施設園芸のAI画像判定システムを御披露目~

本リリースの概要

 IoTを利用したシステム開発などを手掛ける株式会社MOVIMAS(本社:東京都新宿区、代表取締役:兒玉則浩、以下MOVIMAS)は、地熱を活用した熱水ハウスを再生する岩手県・八幡平市(市長:田村正彦、以下八幡平市)のIoT農業の振興を目的とした包括連携協定締結を経て、農地法に定める農地所有適格法人として設立した株式会社八幡平スマートファーム(本社:岩手県八幡平市、代表取締役会長CEO:兒玉則浩、以下八幡平スマートファーム)で新たな農業ビジネスモデルとして未活用ビニールハウスを再生し新規就農者を育成するIoT次世代型施設園芸への転換と拡大を推進する「スマートファームプロジェクト※」栽培ビックデータにより、MOVIMASの商用「MOVIMAS IoTプラットフォーム」システムでオンサイト対応が可能となる、農業IoT向けAI画像判定システムの提供を開始します。

 ※MOVIMASと八幡平市でIoT活用による地熱を活用した熱水ハウス再生事業の連携及び農業振興への寄与を目的として、平成29年8月7日に包括連携協定の締結を行い、新規就農者向け次世代型の縦型水耕栽培IoT自動化システム開発ならびに熱水ハウス再生のため、新たな農業ビジネスモデルとして未活用ビニールハウスを再生し、新規就農者を育成する「スマートファームプロジェクト」を平成29年9月7日より推進しています。

左から 弊社代表取締役兒玉則浩、農林水産省東北農政局長内田幸雄様、農林水産省東北農政局地方参事官秋永邦治様、農林水産省東北農政局岩手県拠点総括農政推進官渡邊学様

AIを活用したMOVIMAS IoT プラットフォームの特徴

■オンサイトアラーム(アラートポップアップ・鳴動機能):発生中アラート通知の見落とし防止機能
ポップアップ表示で警報音を鳴動、警報時は画面が赤く点滅

■画像判定(病害アラート機能) ※オプション機能
作業日誌に画像がアップロードされた際に病害判定APIで判定。NG判定時はアラートで警告

画像がアップロードされると判定結果がポップアップで表示され、その場で確認できます。
アラート画像判定は、オンサイトアラームのメッセージクリックすることで、詳細確認できます。

AI活用のMOVIMAS IoT プラットフォーム 今後の展開

■画像判定記録を特定業種・業態向けに横展開
クラウドニーズ高まりとセキュアに利用可能なICT環境の構築需要が増加し、モバイルサービスの特定業種・業態に対するIoT/M2M分野は広がりをみせています。
「スマートファームプロジェクト」事業開始からIoT次世代型施設園芸への転換と拡大を推進する栽培ビックデータから始まった農業IoT向けAI画像判定システムをMOVIMASの商用「MOVIMAS IoTプラットフォーム」で機能拡充を図ると共にパートナーとの共創により、社会課題や顧客視点のサービス創造を引続き強化して参ります。

 

岩手県・八幡平市 IoT次世代施設園芸ご視察の様子

IoT農業向けMOVIMAS-AI判定タブレットで農水省東北農政局長がIoT次世代施設園芸を体感

-高石野施設野菜生産組合創業36年の歴史-           -IoT次世代施設園芸事業熱水ハウスの整備-

-令和2年八幡平市新設温泉本管整備の状況-        -IoT次世代施設園芸事業熱水ハウスの制御-

-高石野団地温泉バジル収穫及び出荷の品質-    -東洋製罐グループアグリ様との苺実証栽培状況-

【八幡平スマートファームについて】

 八幡平スマートファームは、1966年の日本初の商業用地熱発電所の運転開始と、国の観光や農業振興施策をもとにした支援で施設野菜団地の整備を進め、1984年には熱水ハウスの手法で、岩手山の裾野に位置する十和田八幡平国立公園の麓で花卉栽培を中心に取り組み、皇族の方々も多数視察に訪れる栽培施設として発展してきました。
事業地の高石野地区で施設野菜団地を運営してきた高石野施設野菜生産組合の事業承継を2019年に行い、所有する2haの土地にある未活用の熱水ハウスでIoTを活用したバジルの養液栽培ハウスを新設し、IoT次世代施設園芸への転換拡大を図ることで、持続かつ発展的に農業経営ができる人材を都心から地方へ呼び込み、さらには新規就農者に向けたIoT技術の習得支援の場としても機能するように構築するべく、現在IoT次世代施設園芸事業を進めています。

 日本初の商業用地熱発電所である松川地熱発電所からの熱水を活用し、地域特性を活かしたスマート農業のビジネスモデルを確立し、地域労働力及び地域産業活用により、地域経済の振興及び地域産業の発展、さらには地域の福祉向上に寄与します。

商号  :株式会社八幡平スマートファーム(法人番号:2400001014477)
代表者 :代表取締役会長 最高経営責任者 兒玉 則浩
所在地 :〒028-7111岩手県八幡平市大更第35地割62番地 八幡平市役所西根総合支所3F
設立  :2019年1月
資本金 :35,000千円
主な事業:温泉及び地熱を利用した熱水ハウスでのIoT農業事業
URL  :http://smartfarm.co.jp


●関連情報
■普通地方公共団体


商号  :岩手県 八幡平市(法人番号:7000020032140)
代表者 :市長 田村 正彦
所在地 :〒028-7397 岩手県八幡平市野駄第21地割170番地 八幡平市役所本庁
設立  :2005年9月
URL  :https://www.city.hachimantai.lg.jp

■会社概要


商号  :株式会社MOVIMAS(法人番号:2011101076471)
代表者 :代表取締役 兒玉 則浩
所在地 :〒163-0512 東京都新宿区西新宿1丁目26番2号 新宿野村ビル12F
設立  :2016年3月
資本金 :2,000万円
主な事業:モバイル技術を活用した社会インフラ構築事業
URL  :https://movimas.jp

※本リリースに記載されているその他の社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
※掲載情報は、発表日現在の情報です。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

 

本リリースに関するお問い合わせ先

〇IoT次世代施設園芸への転換に関して
 株式会社MOVIMAS
 TEL:03-6279-0485

〇先進農業における新規就農相談に関して
 株式会社八幡平スマートファーム
 TEL:0570-02-1115

〇八幡平市新規就農者等支援事業に関して
 八幡平市役所 農林課
 TEL:0195-74-2111