ニュースリリース

MOVIMASと岩手県・八幡平市の包括連携協定による

「スマートファームプロジェクト」で耕作放棄・ビニールハウス再生を行い、

次世代型の水耕栽培IoT制御システムを活用した

バジル栽培と初出荷式に関して、テレビ放送と記事が掲載されました

掲載内容

1.IBC岩手放送

岩手・八幡平市 ~寒冷地で「バジル」栽培~

http://news.ibc.co.jp/item_31524.html

 

 

2.盛岡タイムス Webニュース

岩手県八幡平市スマートファーム

~熱水育ちのハーブを出荷 東京と福岡の企業と 市内にハウス100棟予定~

http://www.morioka-times.com/news/2017/1710/25/17102501.htm

 

 

【MOVIMAS IoTワンストップサービス】

▼ビジネス企画

・岩手県八幡平市様と松川地熱発電所の排熱を利用した熱水ハウスや耕作放棄された

ビニールハウス活用ならびに市の雇用創出、地方創生のモデル事業をビジネス企画

▼ビジネス設計

・熱水ハウス再生及び水耕栽培装置の栽培管理シスムレンタルと就農者育成から生産と

販売サポートするグリーンリバーホールディング様と”スマートファームプロジェクト”

に関する事業合意を締結

▼IoT商品企画及び開発

・熱水ハウスを活用した次世代型の水耕栽培IoT制御システムとして、ハウス内の

 空調制御/ドライミスト制御/溶液循環/栽培管理を実装した就農者支援サービスを確立

▼事業実行のハウスを運営

・八幡平市様ならびにグリーンリバーホールディング様と連携を行い、MOVIMASでの

 熱水ハウス運営から市での雇用と運営による地方創生のモデル事業を着手

 

ご覧頂いた皆様からのご用命、ご質問等を下記「お問合せ」フォームにてお待ちしております。

本件に関するお問い合わせ

(問合せフォーム)

https://movimas.jp/contact/